2013年05月

国の教育ローンにずーむいん(*'-'*) 融資条件編

今年度大学・大学院・専門学校などに進学した場合は、もう入学金、前期授業料などは納入済みだったりすると思いますが・・・

来年度もしくは近い将来、お子さんの進学が控えている、または、いざというときのために制度を知っておきたい
という知識の備えとしてご活用ください♫

ライフプランニングオフィス代表としては、やはり家計の負担は少ないに越したことはないと思っています
子供の進学時期と人生のその他のライフイベントとかぶることが少なくないので、(我が家も・・・) 住宅ローン、教育ローンその他ローンはできるだけ少なくをモットーに考えてみましょう。

教育ローンとして考えると、やはり公的ローンは負担が少なく有利です。
では、教育一般貸付(国の教育ローン)にずーむいんです

まずどんな人が借りられるのか? 条件をチェック
【国の教育ローン 融資要件

国の教育ローン融資条件















例えば、サラリーマンのご主人で、お子さん2人の場合は世帯年収が890万円以内であれば融資を受けられるということになります。
ただ、この金額ないでないと絶対ダメかといえば、ちゃんと特別な事情も考慮する特例要件があります
国の教育ローン特例要件






















つまり、家計負担が多い場合は考慮するよ♫という事です。

ただし、融資を受けるということは、返済が必要になるということなので、
さらに家計を圧迫しないように注意が必要です。

特に返済負担率 これは、要チェックです。 
返済負担率=借金度です
家計収入のうちでどれほど借金の返済に回さなければいけないか? という割合が返済負担率です。

たとえば、月収(手取り)30万円の人が返済負担率30%だと、月9万円が借金返済ということになります。
のこり21万円のうち、例えばアパート代10万円、水道光熱費2万円としてみた場合、
30万円-9万円-10万円-2万円=9万円。

実質9万円で食費、生活雑費、医療費、その他教育費などをやりくりしなければいけません。
結構負担大だと思うんですよね~。

ただ、進学費用は待ったが効かないので、一時的に融資を受けるとしても、できるだけ家計の中の返済負担率は下げるように生活改善が必要・・・かもしれません。

【国の教育ローン 対象となる学校
国の教育ローン概要融資対象学校












留学の場合は短期留学ではなく、6ヶ月以上を指します。
その他の場合も中学卒業以上、6ヶ月以上の修業年限の学校です。

融資の使い道は以下の表のとおりです。
うち、入学資金(たとえば前期納入金など含む)の場合は入学月の翌月までの融資です。
国の教育ローン用途







【国の教育ローン 融資機関・融資額・期間など

返済期間は、15年以内(交通遺児家庭や母子家庭は18年以内)に大学在学期間も含むので
注意しましょう。
返済期間 ≠ 在学中元金据置4年として、卒業後15年間 つまり19年
返済期間 = 在学中4年を含み TOTAL 15年です
国の教育ローン返済期間












返済の仕方もいろいろありますが、続きはまた・・・

ここまでお読みいただき、お疲れ様でした

教育一般貸付 詳細はこちら 

住宅ローン同様、まとまった額が必要なだけに、教育費についても悩みは多いですよね。
近い人には逆に聞きづらい・・・ でもどうしたらよりよい選択になるのかわからない・・・
そんな時ご利用ください。

メール相談は初回¥1,000 2回目以降¥3,000で承ります。
メール相談はこちらへ

待ったは効かない大学資金・・・ !いくら用意すれば??

こんにちは。 
GWも過ぎて日常が戻ってきましたね。

私の教室の小学生たちは5年生で行くことが多いキャンプに出掛けるようです。
ある程度自立してきた子どもたちが親元を離れはじめて2泊3日のプチ旅行。
期待とちょっとの不安でドキドキしている姿はとてもかわいらしいなぁ~と思います。

この時期は、中学受験などをしなければ資金的にはラクです

小学・中学は義務教育なので、ALL 公立ならば、給食費、諸費用の負担だけですね。

さて、次の高校進学。
ここで、最初の分岐点に行きあたるんですね。
公立に進学する場合は、授業料は無償ですね。(民主党政権になってからの制度なのでいつまで持つかは?ですが・・・ PTA会費、設備費、その他の費用ぐらいです。 
家計的にはとても負担が少なくありがたいです。
入学時は、だいたい10万円前後。制服代&教科書代&電子辞書など・・・ですね。 

そして・・・大学資金。
今の制度だと、前期・中期・後期試験と3回チャンスがあるので、それぞれどこで合格するかで入学金払込の締切が変わります。

ただし・・・


入学金払込期日に入学金が用意できなければ、当然ながら入学資格を失います
ま、これはルールですので、仕方がないですね。

だから・・・
入学金の手当ては少なくとも前期の払込締切までには余裕を持って用意していなければいけません。

大学費用初年度納付金のめやす2013






















Benesseマナビジョン より

このデータによれば、まず、入学金は医歯薬系を除くと、だいたい30万~40万円。
これをなんとしても入学金払込期限までに払い込めるように用意してください。
一番入学金が高い40万を目安にすると、33,333円/月を1年間貯めると
何とかなると思います。もしくは、親・兄弟・親戚から借入などをして手当をしておきましょう。

せっかく子どもが頑張ったのに、資金不足で入学が取り消されたら泣くに泣けませんから・・・

一番早い前期納付金期日は 2月中旬ぐらいだと思います。
これはしっかり確認して、確実に納付できるようにしておきましょう。

が・・・

30万~40万あればOKかというと 残念ながらダメ~なんです。

入学金を払い込んでやれやれ・・・と思っていると、すぐに前期授業料の払込時期がやってきます

入学初年度当初の学費概算2013


















この概算では、年間授業料、年間施設設備費を単純に1/2してあります。
大学によって、差があるかもしれないので、確認をお願いしたいですが、
おおよそ入学前に
(前期授業料 + 入学料 + 施設設備費)の合計を用意できていれば
安心して大学に通う子供の姿を笑顔で見送れます

と言っても、ちょっとまとまった金額なので、いきなり言われても~な場合は
早めに準備をはじめてしっかり確保しましょう。

学資保険や教育ローンを利用しようと思っている方の場合は、
手続に時間がかかったり、ぶっちゃけ審査でアウトということも考えられるので、
3 2学期ごろには準備に取り掛かっておいた方がベターです。

もし、おじいちゃま、おばあちゃまが資産家の方の場合は、
平成25年税制改正で話題になった

直系尊属から教育資金の一括贈与を受けた場合の贈与税の非課税制度」

を利用して、1500万円まで資金提供をお願いしてみてはいかがでしょうか?

教育は子どもへの大切な投資です。余裕があって教育資金として贈与を受けられれば奨学金などで就職後返済に追われることもなく、親世代の大切な老後資金が目減りすることなくよい方法かもしれません。

祖父母にとっても、亡くなった後に相続財産として残された場合、資産があればある程相続税負担は大きくなるのでよい選択かも・・・

ま、ただ教育費に限らず、家計に余裕を持たせておかないと後が苦しくなるのは間違いないので子どもをお持ちの保護者さん、がんばりましょう


メール相談は初回¥1,000 2回目以降¥3,000で承ります。
メール相談はこちらへ


住宅金利利上げ~Σヾ( ̄0 ̄;ノ

こんにちは。



ちょっとご無沙汰いたしてしまいました

その間に、アベノミクス効果で円安が進む、進む・・・ 

でも、円安=円のパワーダウンということなので、物価Up、消費税Up,住宅金利Upと続くと、生活費が圧迫されてますます消費冷え込まないでしょうかね~・・・

家計も出るばっかりでは締めるしかないですし・・・

昨日の日経夕刊に

「3メガ銀、住宅金利上げ」

あすから、10年固定 年1.4%


と掲載されていました。


やはり、というか、とうとうというか・・・


5月から住宅ローン金利を引き上げる理由は、指標となる長期金利が小幅ながら上昇しているから・・・


だそうです。


住宅ローンを抱えている立場だと、かなり微妙な、というかありがたくないお話ですね。


住宅ローンの金利は、市場の金利の変動に伴って見直しが行われます。

まず長期金利(プライムレート)を見て調整するんです。

   

∴(ゆえに・・・) 景気に影響されるんですよね。


そして、今 異次元レベルの金融緩和策とかを打ち出して、円安方向に進めようとしているのがわがニッポン。

すると、株価も  景気上向き? ってことで金利が上向きに・・・


となるわけですが、

金利上昇は、お金を預けている立場としてはありがたいですが・・・

         お金を借りている立場としては「え~」な状況なので、


ここは、住宅ローンを少しでも早く、支払う金額もより少なく済ませたいですよね・・・


となると・・・



住宅購入の場合には、やはり借金額を少なく頭金を多く


というスタンスで行きましょう。 


すでに住宅ローン返済中~ という場合、がんばって繰上げ返済・・・ となりそうですが


ちょっと待った~




ムリな繰上げ返済は、家計を危うくしてしまいます・・・

住宅ローンを支払う時期は、人生の中で、教育費の負担が大きい時期とかぶるんです

家計もコントロールできるようにしておきましょうね。 いざという時現金の備えが無いと・・・


大変なことになりますよ~


我が家も大学生2人になったので、前期・後期と学費が2倍 

プラス 5月には固定資産税&自動車税の納付通知がやってきます


そんな中、貯蓄額に余裕があればよいですが、あまり無理をして何かの時の備えがなくなってしまうようなムリな繰上げ返済はオススメできません。


我が家では、2人が重なる2年間は無理せず現状維持でがんばろうと思います。

そして、大学生が1人になったら(長男が無事卒業して自立したら)勢いを付けてはやくローン返済を完了するべく頑張る予定です。


ただし、カツカツでローンを組んでしまうと、ちょっとのローン返済額Upでも厳しくなるので、やはりゆとりを持って・・・


これからならば、オール期間固定金利のフラット35もオススメです。


住宅ローン関連でのご相談 

最初の一歩 メールで相談してみませんか?


いきなり不動産屋さんやモデルハウスその他で相談したら・・・
「大丈夫ですよ~ お客様なら・・・」
な~んて勧められるままに・・・ということになるかも・・・

でも、先方は販売側だから・・・ご注意下さ~い


そこで、メール相談は初回¥1,000 2回目以降¥3,000で承ります。
メール相談はこちらへ



livedoor プロフィール
Amazonライブリンク
♪お知らせ掲示板♪
◆What's new◆


ライフプランニングオフィス 組曲「人生」公式ホームページ誕生♪

まだ誕生したばかり・・・
これから充実させていきます (*^^*)

◆メール相談◆

メール相談はこちらへ


七夕★。.::。.::・'゚☆。.::・'゚★。.::。.::・'゚ウィーク メール相談無料モニターキャンペーンを行うことにいたしました。

七夕★。.::。.::・'゚☆。.::・'゚★。.::。.::・'゚ウィークキャンペーンなので、
メール相談無料モニターは7名様、
無料モニター募集期間は7月7日まで

勇気を出して最初の1歩踏み出しましょう♪











記事検索
FX入門講座FX ブログ
住宅ローン シミュレーター
便利なパーツを発見しました。
よろしければ ご利用ください♪

住宅ローン シミュレーション


家づくりにお役立ち 小冊子無料でもらえます♪





家づくりに関する情報をメルマガで・・・♪


Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ