お正月weekも過ぎ、明日からは新学期ですね。


新年から広告どーんと入っていましたが、マンションや戸建ての美しいカラ―広告も目につきますね


今年達成したいこと 見つかりましたか?

その中に「マイホーム購入」入っていますか?


では、すごろくスタートです。


1.マンション or 戸建 どちらにするか決めている

    Yes / No

2.間取りをだいたい決めている(3LDKとか逆にフレキシブルな間取りにできるタイプとか・・・)

    Yes / No

3.駅近 or 駅から遠くても落ち着いた住宅地 どちらがよいか決めている

    Yes / No

4.おおよその資金計画ができている

    Yes / No


はい、4で Noと答えたあなた、振り出しに戻りましょう。


人生の3大支出ってご存知ですか?

1.住宅資金

2.教育資金

3.老後資金


の3つです。 ナンバリングは優先順位ということではありません。 よく言われる順に並べてみました。


いろいろな場面で「バランス」が大事だと言われますよね?


人生の3大支出でもバランスはとても大事です。


特に、1.住宅資金 2.教育資金 にお金をかけ過ぎてしまうと、多くの人にとって収入が
途絶える老後に資金が不足するという事態が待っています


また、ノープランでモデルルームや住宅展示場などへ行ってしまうと、イメージが固定してしまい

無理な資金計画をしてしまうリスクがあるんですよね・・・


たとえば、気になる物件を見に行って、「あ、ここ最高!」なんて思ってしまうと、他の物件を見た時

なんか見劣りがしてしまう・・・なんてことはないですか?


特に、営業の人から、

「お客様でしたら、十分に購入可能ですよ」

などとシミュレーションなど見せられると、その気になってしまう⇒その場で仮契約してしまう

ということもありえますよね。


けれど、無理して購入したマイホームのために、子供の進学費用が足りない・・・

とか自分たちの老後の資金が足りない・・・となったら それって幸せなのでしょうか? 


それ以前に、会社が倒産したり、リストラに遭ったり、と返済計画に狂いが出たら、

家計は破たんしてしまうかも・・・


せっかくのマイホームの夢に水を差したいわけではないのですが、できれば住宅購入を考える前に

ライフプランニングを考えていただきたいなぁ・・・と思います。


やはり、人間ゆとりが大切ですから。 

ゆとりがない家計だと、家族関係もギスギスしてしまいます。

相手の行動が許せなかったり、先述しましたが、子供の進学費用が不足したりすると、

子供の将来に大きくダメージを与えてしまいます。


ざっくりとでいいので、だいたい3000万円ぐらい、とか4000万円ぐらいとか 資金のめどを付けてみましょう。


その後、購入したい物件の優先条件をチェック をオススメしたいと思います。


私の中では

人生の第一楽章=誕生~子供時代 第二楽章=青春時代 第三楽章=自立 第四楽章=終楽章

というイメージがあります。 


全部の人がこのパターンに当てはまるとは思いませんが、住宅購入は 第二楽章~第三楽章 でしょうか?

ライフプランニングオフィス 組曲「人生」は 多くの人にオンリーワンの幸せな組曲を奏でていただきたいと願っています。


ライフプランニングのご相談はお気軽にどうぞ。


私は、最初に相談するハードルをできるだけ低くして、
相談していただきやすいようにしたいと考えております。

そこで、メール相談は初回¥1,000 2回目以降¥3,000で承ります。
メール相談はこちらへ">メール相談はこちらへ