こんにちは

マイホームの資金を確認して、さあ いよいよ契約&住宅ローンを組むステージにやってきました。

1マイホーム画像









さあ、ドキドキしますね。 物件価格は3500万円。 
返済負担率から見ても、返済可能額から見ても ムリのない購入額になりました。

でも ちょっと待ってくださいね。
実は・・・ 物件価格とは別に諸費用ショヒヨウ)というものがあるんですよね。

物件価格は3500万円でも、7%(これは物件価格試算の時の前提条件の数値です)の諸費用分が加算されていたこと 覚えていますか? 諸費用の割合はケースバイケースで異なります。 多めに見積もっての金額・・・ということで考えてくださいね。

詳しくはこちらをどうぞ♪
住宅ローン 希望する物件が買えるでしょうか?
毎月返済額からいくらの物件が買えるかチェック 


3500万の7%だとざっと245万円ぐらいに相当するのですが、この諸費用分を加算すると
3745万円ぐらいになります。 以下の表で例示したものは、もう少し諸費用が少なくなっています。

え~ 頭金一生懸命貯めたのに まだ200万以上必要~? 

そう、必要なんですよ。 物件価格が全費用じゃないところがポイントなんですね。
実は、一番最初に関東エリアでマンションを買いたいと思った時に この費用を知らなくて
ガックリした覚えがあるんです。 
だからこのセリフは 当オフィス代表 近藤のホンネです(笑)

一体何のために200万も必要? と思いますよね。

では内訳を・・・

住宅ローン諸費用例

















住宅購入の際 住宅ローンを組むためには、仮審査 本審査と2段階の審査をパスする必要があります。

まず、住民票 源泉徴収票 ローン引き落とし口座の開設もしくは設定 印紙代など
書類関係をそろえて仮審査に出します。

住宅ローン引き受け金融機関は ローン審査金利(前述のブログでは4%で設定)で
返済負担率 その他チェックしてOKが出ると いよいよローン契約となります。

この時に必要となるのが上記の諸費用というわけです。

私が夫とローン契約を結んだ時も(私は横に座っていただけですが・・・(笑))
諸費用はだいたい200万ぐらいだったと記憶しています。

なので、頭金のうち200万前後は諸費用に回るのだということ 承知しておきましょう。
この分は多くの場合、現金で支払うことになります。 
この分もローンで・・・となると 総支払額がまたまた増えてしまいますから・・・

夢のマイホームまでもう少し。楽しみですね。


ライフプランニングのご相談はお気軽にどうぞ。


私は、最初に相談するハードルをできるだけ低くして、
相談していただきやすいようにしたいと考えております。

そこで、メール相談は初回¥1,000 2回目以降¥3,000で承ります。
メール相談はこちらへ