こんにちは。
最近、教育資金のトピックを考えるたびに ライフプランニングの大切さを痛感しています

収入格差が進んでいると言われて久しいですが、
収入の格差⇒家計のゆとりの格差⇒教育の格差⇒再び収入の格差

となって収入の格差は世代間で続いていくような気も・・・

我が家の長男も今就活中ですが、結構大変そうです。
何十社と受けていくのが今は普通なのだそうですが、

そう、大学まで出したとしても、その後確実に就職できるかどうかは本人次第

そして、大学、専門学校、大学院など上級教育機関の教育費で家計が圧迫されると、最悪家計破綻・・・
そこまで行かなくても、しばらくは家計を切り詰めるなどの努力が必要になりますね。

でも・・・
もうひとつ隠れたリスクが存在するのです

それは、物価上昇リスク

なんとか住宅ローンを払い終えたとしても、子供が無事学校を卒業し社会に出たとしても、その時家計に資産がなかったら・・・

いきなり老後の生活不安に怯えなければいけません・・・

だからこそ、早いうちのライフプランニングが必要なのです
若い頃であれば、十分に時間もあるので軌道修正が効きますが 年を重ねるにつれて車線変更は難しくなります。

何故なら・・・

収入はいつかリタイアする時点から途絶えるのですから。

そのリタイア後 どのぐらい資産があれば大丈夫なのか?
不足があれば、どうすれば補えるのか・・・

ライフイベント 
例えば・・・ 結婚、出産、育児、進学、マイホーム取得、リタイアなど
で、家計の収支はどうなるのか?

自分の人生の未来地図をざっくりとでもいいので考えてみることが、将来への不安を自助努力で緩和できます。

2014年2月12日の日本経済新聞 Money & Investment のタイトルは
「貯めたお金が傷んでいく」
です。

やっとの思いで貯めた預貯金は 
インフレ(物価上昇)や増税などで実質目減りしていってしまう 
という怖いお話です。

住宅ローン完済、教育費支出完了~ のそのあとにも人生は続いていきます。
人生のゴールは誰にもわかりません。 でもその時まで充実した人生を送りたいですよね。
人生とお金は切っても切り離せません。一度ライフプランを考えてみてください。

ライフプランニングとは、何かをあきらめることではなく、かなえたい夢や希望をかなえられるように、
よりよい人生のプランニングを考えることだと思っています。

なにかあれば、気軽にメール相談をご利用くださいね。

、メール相談は初回¥1,000 2回目以降¥3,000で承ります。

メールはこちらへ




ご相談はお気軽に