ライフプランニングを考える

小さな一歩

こんにちは。 今日は暑くなりそうです。もうすぐボーナス日? 
ちょっと心躍る人も、ボーナスをもらっても右から左で嬉しかねーよという人もいらっしゃるかもしれませんね。

人生で初めてボーナスをいただくであろう我が家の長男には、
「残ったお金を貯金しようとしても、ムズカシイから、天引きで貯めるようにしなさい」
と口をすっぱくして言っていますが、果たしてこのアドバイスはとどいているのやら・・・

「今は忙しいから、落ち着いたら金融商品に詳しいヤツに相談してやるよ」
と言っておりますが・・・

貯まったら、もう少し後で・・・
というのは、経験上実現する可能性はかなり低くなるでしょう

なぜなら貯まらないからです。


貯まらないからもう少し貯まったら始めよう→

貯まらないから今 貯蓄を始めよう→


確かに、今は超低金利 ゼロ金利と言われています。
どこに預けても同じ。全然増えない・・・

けれども、一つ言えるのは
普通預金に預けっぱなし(給与を振り込まれたまま)
タンス預金
では絶対お金は増えていかないということです。

普通預金に預けっぱなしだとどうなるか・・・?

残高があるから大丈夫♪
と、つい必要のないものまで衝動買いしてしまうかもしれません。

逆に

毎月ギリギリで貯金する余裕なんてないよ
という人もいるかもしれません。ボーナスなんて出ないし・・・というケースもありそうですよね。

実際 貯蓄ゼロ家庭が増えているのだそうです。

金融広報中央委員会が2014年に行った調査によれば、

金融資産を保有していない との回答が30.4% (前回31.0%)

金融資産について『定期性預金・普通預金等の区分にかかわらず、運用の為または将来に備えて蓄えている部分とする。』
とあります。
%)
(注2)「家計の金融行動に関する世論調査(2人以上世帯)」
4

でも、ゼロに何を掛けてもゼロですが、1以上であれば、カメの歩みのようであっても増えていく可能性はありますよね。

日々生活するのがやっと・・・という場合もあるでしょうが、1,000円ぐらいならば、意識しない間に使ってしまっているという可能性もあります。

つまり1,000円ぐらいだとあってもなくてもわからない かもしれない。

だったら最初からなかったものと自分をだまくらかしてしまいましょう(笑)
10,000円というとちょっとハードルが上がってしまいますが、何気なくコンビニで使って消えてしまう1,000円ならば最初からなくても何とかなりそうですよね

会社に財形とか社内預金制度がある場合もない場合もあると思いますが、
せっかくあるならば利用しないテはありません。
おそらく人事部や総務部で「天引き貯蓄をしたい」と申し出れば申請用紙を渡され、記入して捺印すれば次の月から
ほぼ痛みなく自動的にあなたのお金が増えていく仕組みを作る

ことができます
(注2)
また、さすがに1,000円じゃ・・・ と思うのなら、ネット銀行などでこちらもオンラインで口座開設手続きを申請して自宅に送られてくる開設用紙に必要事項を記入捺印、身分証明書のコピーを添えて返送用封筒で返送すればこちらも

ほぼ痛みなく自動的にあなたのお金が増えていく仕組みを作る

ことができます


ネットならば、
「けっ こんだけかよ」なんて思われずに済みます。
おそらく誰もそんなことは思いませんが、自分が自分に思うんですよね(笑)

実は、これは最初から大きな貯金をすることが目的ではなくて、
まず貯め癖をつけることが目的なのですね。

毎月一定の額をまず給与から差し引いて、その残りで生活をする

これは予算内で家計費を収めるということと同じですが、
強制的に一定額を差し引いておくことで、予算オーバーとなっても実際にはお金が貯まっている
という嬉しい結果つきです♪

さらに、少しずつでも貯まり始めると(貯蓄残高が増え始めると)自分に自信もついてきます。
(コレ ホントです

人生は長いですが、いろいろなイベントもあれば、何かのトラップが隠されていることもあるかもしれません。
でも、備えがあれば安心していられるのではないでしょうか?

保険の備えももちろん大切ですが、いざというときに現金の手持ちがあるのとないのとでは全然違います。
たとえばケガや病気をした時、医療保険をかけていたとしても、申請して給付金などが受け取れるのはしばらく後 ということになります。

でも、病院の診療代などはすぐに支払わなければいけません。
やはり生活防衛の意味でもある程度預貯金は必要ということです。

今独身の人は、自分以外にだれかを養ったり守ったりする必要はまだないですよね。
だから なんです。

今日始めましょう 

今日の一歩は資産形成の大切な一歩です。

アポロ11号のニール・アームストロング船長は

“That 's one small step for a man, one giant leap for mankind.(一人の人間にとっては小さな一歩だが人類にとっては大きな飛躍である)”
という有名な言葉を残しています。

”That's small step for you, but one giant leap for your asset-making(あなたにとっては小さな一歩だがあなたの資産形成にとっては大きな飛躍である)”

というのは今思いついたのですが(笑) 今日の1,000円はあなたの未来を変えるかもしれませんよ

Have a nice day

                            
ライフプランニングとは、何かをあきらめることではなく、かなえたい夢や希望をかなえられるように、
よりよい人生のプランニングを考えることだと思っています。

なにかあれば、気軽にメール相談をご利用くださいね。

、メール相談は初回¥1,000 2回目以降¥3,000で承ります。

メールはこちらへ




ご相談はお気軽に

「住宅ローン借り換えセンター」





返済負担率?

昨日は久しぶりの雨。
少し寒いぐらいの1日でしたね。

打って変わってさわやかな6月最初の週末です。

今日は返済負担率についてお話します。

返済負担率というのは、世帯収入のうち借入金の返済額が占める割合のことです

たとえば、25歳独身 会社員Aさん 収入20万円としましょう(計算しやすくするため実態は考慮していません)。
家賃    95,000円
生活費   50,000円
借金返済 50,000円
お小遣い  5,000円

この内訳をみてどう感じるでしょうか?
かなりキツそう・・・

そんな印象を持たれたのではないでしょうか?

このAさんの返済負担率はなんと25% 月収の1/4が借金返済で消えているということですよね
Aさんはまだ若いので、これから先結婚や住宅購入などいろいろなライフイベント(人生の大きな出来事)が待っていそうですが、この状態では貯蓄もできないのでは・・・ と心配です。

ここまで極端な例もないとは思いますが・・・

一般的に食費や生活雑費などは流動費と言われています。
その時々によって増えたり減ったりします。
「今月は使いすぎてキツイな・・・。来月は少し抑えよう」
などと思ったりするわけですね。逆に言えば調整可能ということです。

一方家賃や借金返済は固定費に分類されます。
賃貸契約や融資契約で
「〇〇年間△△円で家賃を支払います」
「〇〇年間年利◇◇%で月々△△万円返済します」
と決められているので、その約束に沿って支払/返済します。
「今月はちょっとピンチなので、家賃を1万円少なく・・・」
「来月友人の結婚式が重なっちゃってローンの支払いを今月だけ3万円少なく・・・」
なんて不可能ですよね。
つまり金額が固定されていて調節できないわけです。

収入はというと・・・
じゃぶじゃぶお金が入ってきて・・・という人は別として一定ですよね。

Aさんの場合ならば月収20万円とかです。
Aさんの場合は、収入に占める返済額の割合はかなり大きいですね。

でも、Bさん 月収50万円 返済比率25%だと、125,000円です。
比較的余裕がありそうですよね。 

収入に占める返済額の割合は、収入の額によって負担感が変わるのですね。
先ほどはAさんの月収で返済負担の割合を求めましたが、通常は
年間の返済額÷年収×100
で求めます。

先ほどのAさんの返済負担率は
(5万円×12か月)÷(20万円×12か月)×100=25%

Bさんの返済負担率は
(125,000円×12か月)÷(50万円×12か月)×100=25%

となりますね。(さっきの逆を計算しただけですが・・・)

もし、Bさんに住宅ローン以外の返済があったとしたら、返済負担率は当然変わってきますよね。


金融機関では、年収の幅ごとに一定の返済負担率を決めていて、その返済負担率をオーバーするようだと融資不可ということもあるかと思います。

たとえば(仮定の話です)
Aさんが賃貸だといつまでも家賃を返すだけだから、と考え 家賃分の95,000円を毎月返済額とするローンを借りようとしたとします。
95,000円×12か月 ÷ 200,000円×12か月 =47.5% 
これはおそらく無理でしょうね
収入の半分が借金返済・・・ 生活が成り立たないでしょう・・・

でもBさんならば、125,000円のローンが組める可能性は高くなると思います。

私は住宅ローンアドバイサーの資格を持っていますが、試験問題では融資の審査(ローンを利用できるかどうかチェックすする仕組みです)では、通常の金利よりも高い4%の金利でも返済できるかどうかを審査するというものが多かったです。

つまり、なにかイレギュラーなことが起こっても(けがをして仕事を続けられなくなったとか会社が倒産したとか)その人は約束通り返してくれるのかを見るわけですね。

だからと言って、返済負担率ギリギリでローンを借りられたからオールOKとはなりません。
これから返していかなくてはならないし、扶養する家族が増えることもあります。
返済負担率ギリギリでは将来に向けての貯蓄や投資もできなくなってしまいます。

適性な返済負担率でゆとりある家計を目指しましょう

Have a nice day




住宅ローンを払うだけの人生 じゃない人生を考えましょう♪

住宅ローンを払うだけの人生

という検索ワードが出てきました。

これ、かなり悲観的ですよね。
確かに 私も仕事しても仕事しても 借金を払うだけの人生だったらイヤになってしまうと思います

でも・・・
少し発想というか 見方を変えて見てみると
住宅ローンを払うだけ という人生じゃなくもできますよね。

例えば、マイホームを買ったときの喜び 
子供たちが自分の部屋を持てたと喜んだ時の満足感
マイホームで人を招いて楽しい時間をすごせる幸せ

私はず~っと転勤族だったので、夫の転勤となると家財道具一式全部まとめて撤収しなければならず
自宅がある人がとても羨ましかったです
また各地を転々としていたので、新しい土地で人間関係がリセットされてしまうと あらたにゼロから人間関係を構築していかなければならず、人見知り(笑)の私にとっては結構キツいものが・・・
ま、これは夫も子供たちも一緒だと思いますが・・・

そう考えると、マイホームを持つことが出来るというのはプラスに考えることもできますね。

きっと住宅ローンを払うだけの人生 と考えてしまうのは、生活がそれオンリーになってしまうから・・・
なのではないでしょうか?

稼いでも稼いでも住宅ローン返済を返していくだけではさすがにキツイ
もしかしたら、限度額いっぱい住宅ローンを組んでしまって、
お給料の多くの部分がローン返済と日常生活の支出分で消えてしまう 

という状況だからツライのかもしれません。

住宅ローンには、借りられる額と返せる額とがあります。
ハウスメーカーさんとか金融機関は可能な限り借りてもらったほうがトクですよね?
だから、
「〇〇さんでしたら、この額まで借りられますよ~」
なんて言われたりするのですが、

「借りられるだけ借りて、ウチの物件高く買って~」
というのがホンネだったりするわけですね

でも、限度額いっぱい借りてしまったあと、返済するのはハウスメーカーでも金融機関でもなく
住宅ローンの債務者ご本人です。


「住宅ローンを返すだけの人生」と検索された方は きっと本当は時には旅行もしたいし、家族のイベントの時にはちょっといいレストランに行って家族でいい思い出も作りたいのではないかと思うのです。

でも、現実は厳しくて、そうしたレジャーなどに割く資金がない・・・かもしれない
こどもたちが大きくなって、学費の負担が大きくカツカツで働いてもラクじゃない・・・かもしれない

こんなはずでは・・・という思いが悲観的な言葉になっているのではないかと勝手ながら想像しています。
きっとこの方はガス抜きが必要なのではないかと思います。

住宅ローンを返すだけの人生じゃないイベントなり喜びがあれば、また頑張れるのではないでしょうか?

せっかく手に入れたマイホームです。
人生終わった~的に考えるより、少しだけ息抜きをしてみたらどうでしょうか?

ライフプランニングって、そういうことも含めてライフプランニングです。
真面目にコツコツ頑張っている人が幸せになるためのライフプランニング、ファイナンシャルプランニングです。

後悔しない人生のために、相談してみてはいかがですか?

ライフプランニングとは、何かをあきらめることではなく、かなえたい夢や希望をかなえられるように、
よりよい人生のプランニングを考えることだと思っています。
なにかあれば、気軽にメール相談をご利用くださいね。

メール相談は初回¥1,000 2回目以降¥3,000で承ります。
 メール相談はこちらへ

 
ではまた。 よりよい人生を奏でられますように 




私の夢=不安のない老後生活 い~ですね♪ 

私は終活カウンセラーの資格を持っています。

s終活カウンセラー初級有資格者バナーペイント

ライフプランニングを考えるうえで、老後生活もしっかり考えていかないと
最後の最後で後悔したり苦労したり
ということになりかねない・・・

我が家のことも含めて知っておきたいと思って取得しました。
ファイナンシャル・プランナーとも相関性があるので、より馴染みがあるというのもあるかも・・・

このブログタイトルが組曲「人生」ですから・・・(笑)
でも大真面目につけたのですよ。
第1楽章 「誕生」
第2楽章 「青春」
第3楽章 「飛躍」
第4楽章 「円熟」
なんてどうかな~と。

老後というと、なんか老いるだけ という後ろ向きのイメージがあるかもしれませんが 誕生して人生を生きてきて最後が熟した果実のように豊かだといいですよね。

そのためのライフプランニング しっかり考えていきたいです。

終活カウンセラーは、人の話に耳を傾ける ということが必要です。

人それぞれ、
・どんなことを望んでいるのか
・どんなことが不安なのか(介護とか相続とか)
・困っていることは何か(親子トラブルとか金銭面のトラブルとか)
は違います。

それから自分では気づいていないこともあります。

FPとして 終活カウンセラーとして、何かお手伝いができることがあれば幸せですね。

これからの人生をよりよくするきっかけとしていただくために
七夕★。.::。.::・'゚☆。.::・'゚★。.::。.::・'゚ウィーク メール相談無料モニターキャンペーン
を行うことにいたしました。

七夕★。.::。.::・'゚☆。.::・'゚★。.::。.::・'゚ウィークキャンペーンなので、
メール相談無料モニターは7名様
無料モニター募集期間は7月7日まで
とします。

メールだと言いにくいことも相談できてしまうことってないですか?

私自身、親しい人には心配させてしまうかも・・・と相談しにくいし、
親しくない人にはそもそも相談できないし
こんなこと聞いても・・・と結局相談できずに終わってしまうんですよ。
だからこそ、メール相談を行っています。
(こんなのあったらいいのにな♪を形にしてみました)

せっかくのチャンスです。
いままで相談しようかなあ でも こんなこと相談しても・・・
という方 この機会に勇気を出して相談してみてください♪

消費税8%時代の「住宅ローン借り換え」による家計費節約術!

無理のない家計をキープすることはあなたの老後を救う!?

こんにちは。
最近、教育資金のトピックを考えるたびに ライフプランニングの大切さを痛感しています

収入格差が進んでいると言われて久しいですが、
収入の格差⇒家計のゆとりの格差⇒教育の格差⇒再び収入の格差

となって収入の格差は世代間で続いていくような気も・・・

我が家の長男も今就活中ですが、結構大変そうです。
何十社と受けていくのが今は普通なのだそうですが、

そう、大学まで出したとしても、その後確実に就職できるかどうかは本人次第

そして、大学、専門学校、大学院など上級教育機関の教育費で家計が圧迫されると、最悪家計破綻・・・
そこまで行かなくても、しばらくは家計を切り詰めるなどの努力が必要になりますね。

でも・・・
もうひとつ隠れたリスクが存在するのです

それは、物価上昇リスク

なんとか住宅ローンを払い終えたとしても、子供が無事学校を卒業し社会に出たとしても、その時家計に資産がなかったら・・・

いきなり老後の生活不安に怯えなければいけません・・・

だからこそ、早いうちのライフプランニングが必要なのです
若い頃であれば、十分に時間もあるので軌道修正が効きますが 年を重ねるにつれて車線変更は難しくなります。

何故なら・・・

収入はいつかリタイアする時点から途絶えるのですから。

そのリタイア後 どのぐらい資産があれば大丈夫なのか?
不足があれば、どうすれば補えるのか・・・

ライフイベント 
例えば・・・ 結婚、出産、育児、進学、マイホーム取得、リタイアなど
で、家計の収支はどうなるのか?

自分の人生の未来地図をざっくりとでもいいので考えてみることが、将来への不安を自助努力で緩和できます。

2014年2月12日の日本経済新聞 Money & Investment のタイトルは
「貯めたお金が傷んでいく」
です。

やっとの思いで貯めた預貯金は 
インフレ(物価上昇)や増税などで実質目減りしていってしまう 
という怖いお話です。

住宅ローン完済、教育費支出完了~ のそのあとにも人生は続いていきます。
人生のゴールは誰にもわかりません。 でもその時まで充実した人生を送りたいですよね。
人生とお金は切っても切り離せません。一度ライフプランを考えてみてください。

ライフプランニングとは、何かをあきらめることではなく、かなえたい夢や希望をかなえられるように、
よりよい人生のプランニングを考えることだと思っています。

なにかあれば、気軽にメール相談をご利用くださいね。

、メール相談は初回¥1,000 2回目以降¥3,000で承ります。

メールはこちらへ




ご相談はお気軽に







livedoor プロフィール
Amazonライブリンク
♪お知らせ掲示板♪
◆What's new◆


ライフプランニングオフィス 組曲「人生」公式ホームページ誕生♪

まだ誕生したばかり・・・
これから充実させていきます (*^^*)

◆メール相談◆

メール相談はこちらへ


七夕★。.::。.::・'゚☆。.::・'゚★。.::。.::・'゚ウィーク メール相談無料モニターキャンペーンを行うことにいたしました。

七夕★。.::。.::・'゚☆。.::・'゚★。.::。.::・'゚ウィークキャンペーンなので、
メール相談無料モニターは7名様、
無料モニター募集期間は7月7日まで

勇気を出して最初の1歩踏み出しましょう♪











記事検索
FX入門講座FX ブログ
住宅ローン シミュレーター
便利なパーツを発見しました。
よろしければ ご利用ください♪

住宅ローン シミュレーション


家づくりにお役立ち 小冊子無料でもらえます♪





家づくりに関する情報をメルマガで・・・♪


Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ