教育費を考える

100万借りていて教育ローン借りれるか

こんにちは

秋の足音が聞こえてきましたね。
小中高大 それぞれ受験生をお持ちの保護者さんは大変ですよね。

そろそろ本格的に教育費の準備が必要です。
推薦などだと、入学金 諸費用など払込時期が早まるケースもよくあるようなので、志望校の払込時期は要チェックですよ

さて、
100万借りていて教育ローン借りれるか

というご質問がありました。

答えは・・・
金融機関の人間ではないので、断言はできないですが、
その100万はどのような使途(使い道)で借りているのか? 

というのがおおきなポイントになるかと思います。

住宅ローン、教育ローン
いずれも少なくない金額ですよね?
借りる側ももちろんですが、貸す側の金融機関も
「信用リスク(つまり貸したお金をちゃんと返してもらえるか?)」というリスクを負うわけです。

例えば、AさんとBさんがいたとして、
Aさんは若干自転車操業状態で、いつも資金が不足気味 家計の不足分を借金で賄っている。時々延滞も・・・
Bさんは、家計は健全で公共料金や家賃、住宅ローンを組んでいれば住宅ローンの返済が滞ったことはなし
という状態なら、どちらに貸したいか? と考えればわかりやすいですね。

各家庭に突発的な出来事があって急にお金が必要になることはありますよね。
急に病気になって治療が必要 
老親介護にまとまった資金が必要
などなど

事情によっては融資してもらえることもあるかもしれませんが、
その場合でも総返済負担率の枠内であることが条件です。

総返済負担率とは・・・

収入に占める様々なローンの返済額(住宅の取得に必要な借入金の返済額+それ以外の借入金の返済額)の割合のこと

ポイントは家計のなかの全ての借金の収入における比率ってところです。

年収が300万円未満 ⇒ 25%
年収が300万円以上400万円未満 ⇒ 30%
年収が400万円以上700万円未満 ⇒ 35%
年収が700万円以上 ⇒ 40%

わかりやすく年収500万で計算してみると・・・

500万円×35%=175,000円

住宅ローン=10万
カーローン=4万 

ならば総返済負担率は14%ですから枠内ですが・・・

これに教育ローンがオンされるとすると・・・
結構際どい数字になるかもしれませんよね?

そうなると、審査でNGとなる可能性も出てきそうです。

一番手っ取り早いのは、今借りている100万を一括繰り上げ返済してしまう方法です。

そして、完済するので、教育ローンを融資して欲しいという条件で依頼するのが良いかもしれません。

金融機関に黙っていても、先方は個人の信用情報をチェック出来るので、いずれバレます。
それよりも正当な理由で借入していて、それを完済でき、さらに今後借りる予定の教育ローンも返済していけるメドがあればその旨 率直に伝えたほうが心証はよくなると思いますよ。

ポイントはどんなニーズで100万を借りているか?

です。

これがキャッシングだったり、カードローンだったりすると、一般的に金銭管理がルーズ? という印象を与えてしまうことも多いと思います。

安易な借金は避けるとともに、金融機関が安心して貸せる相手であることが条件ではないかと思います。

詳しくはご相談くださいね。

ライフプランニングとは、何かをあきらめることではなく、かなえたい夢や希望をかなえられるように、
よりよい人生のプランニングを考えることだと思っています。
なにかあれば、気軽にメール相談をご利用くださいね。

メール相談は初回¥1,000 2回目以降¥3,000で承ります。
 メール相談はこちらへ

教育ローンはダブルで借りられるか!?

新学期 本格的にスタートしましたね。
私の運営する教室にも、元気な顔がいっぱい
「よ~し、今年も頑張ろう」とテンションが上がります。

ところで・・・
「教育ローンはダブルで借りられるか?」
というご質問がありました。

ダブルというのが、住宅ローンやマイカーローンなどとのダブルか 教育ローン2口という意味のダブルなのかが不明ですし、個別に収支を拝見しないと可能性という部分でもお話ができません・・・

また融資というのは、各金融機関で融資の条件なども変わってくるので、絶対OKとか 絶対NGということもできません。 あくまでローンを申し込む金融機関先の判断・・・ということになります。

ただ、お子さんの受験が来年などということもあるでしょうから 今後の参考にして頂ければ
幸いです。


ざっくりと申し上げると・・・
融資(ローン=銀行などからの借入ですね)は返してもらえる保証がないと貸さないもの

ということです。

何をそんな当たり前のことを・・・
と思うかもしれませんが・・・

銀行とはいえ、絶対倒産しないなどということは今どきありえませんよね?
バブル時代の債権(貸し付けたお金を返してもらえる権利)が焦げ付いて、返してもらえず倒産した金融機関もありました。
ということは、あなたに融資を行う金融機関も、
「ほんとに返せる?」
「リストラされたりても返してもらえる?」
「最悪返せなくなった時でも貸した分は回収しないといけないし・・・」

という厳しい目であなたを見るということです。

一般的に融資を行う場合、
・借り入れるお金の使い道
・返済するお金があるかどうか
・万が一の場合の回収策

という3つの要素があると言われています。

一般的に住宅ローンなり教育ローンなりを申し込む時には、住宅購入や教育費調達という具体的な目的があるのですから、使い道についてはOKでしょう。

ポイントは2つ目、3つ目の
・返済するお金があるか?
・万が一の場合の回収はどうするか?
です。

サラリーパーソンの人が住宅ローンなどを申し込むときに有利なのは、毎月決まった収入が見込まれるからです
フリーターの人や個人事業を行っている人は、収入が安定しないので、その分不利になるんですよね。

そしてもう一つ・・・
そもそも住宅ローンをすでに借りて返済途中ということだと、新たにローンを組んでも大丈夫? と見られるということ。
だって、資金が不足して教育ローンを払ってもらえないかもしれないし・・・ と思いますよね。
ここで、返済比率という数字が登場します

返済比率=借入総額/年収 × 100 


です。 年収が高い人ほどパーセンテージが大きくてもOKということが多いですが・・・

ちょっと考えてみてください。わかりにくいので、年収を月割(年収÷12ヶ月)にして考えてみましょう。

例えば月収30万円の人が10万円の住宅ローンを返済していたら、すでに返済比率33%ですよね。
でも、月収45万円の人が10万円の住宅ローンを返済しているのであれば、借金の割合は22%なので、まだ余裕があります。 一般的には月収45万の人は返済合計15万円以内ならばセーフってことです。

一般に年収400万円以上の人は返済比率35%までOKと言われていますが、住宅ローンだけでなく全ての借入の合計が35%に収まっていないとアウトになります。

つまり、ダブルで教育ローンを申し込む場合、
(住宅ローン または その他のローン)+教育ローン /年収 × 100 < 35%

に収まっていないと、「そもそも融資できません」 ということになります。

教育ローンが必要な年代の人というと、子供の年齢から概算して40代後半から50代あたりですから、ここで無理無理住宅ローン&教育ローンなど抱えてしまうと、老後資金が枯渇して無収入なのに資金がない
という恐ろしいことになりがち・・・

あまりオススメはできません。
退職金も年金も当てにしづらい昨今、住宅ローンは退職金で完済すればいいや などと安易に考えるのは禁物です。退職金が出るかどうか、それ以前に退職金が出る時点まで働けるか を冷静に考えておきましょう。

ちょっぴり辛口になってしまいましたが、やはり余裕がないと危ないですよ というお話です。
夢のマイホーム 大切な子供の教育 のために生活が成り立たなくなったら本末転倒になってしまいますから・・・

子供にお金がかからないうちに頑張って教育費をキープするのがオススメです。
少しずつでもいいので別枠でキープしておきましょう。

                            
ライフプランニングとは、何かをあきらめることではなく、かなえたい夢や希望をかなえられるように、
よりよい人生のプランニングを考えることだと思っています。

なにかあれば、気軽にメール相談をご利用くださいね。

、メール相談は初回¥1,000 2回目以降¥3,000で承ります。

メールはこちらへ




ご相談はお気軽に

「住宅ローン借り換えセンター」


受験たけなわ・・・ 教育費&住宅ローンのダブル負担を回避する1つのヒント

先週末は大変な雪でしたね。 
各大学では受験開始を遅らせたりして対応していたみたいですが、受験生の人は無事に受験出来たでしょうか?

今は私立大学などの試験が続いていることと思います。
いままで頑張ってきた自分を信じて夢を叶えてください。 応援しています。

ところで・・・
受験を終えて無事大学生、専門学校生になった暁には 当然のことながら入学金、前期授業料、その他少なくない費用が発生します。

住宅ローンを返済中だったりすると、家計がカツカツになることも少なからずありますね

住宅購入は、ギリギリ家計だとリスクが大きいというのはよく言われていることなので、お子さんがいらっしゃる方は早めの準備を強くオススメするわけなのですが・・・

必要なものは必要ですよね。
また、負担が大きくて家計が破綻してしまっては大変。

そんなときは、住宅ローンの期間を延長してみるというテもあるようです。

All AboutでCFPで住宅ローンソムリエの中村諭さんが

住宅ローン、毎月の返済額コントロール術

という記事を書かれています。

先ほどの住宅ローンの期間延長について丁寧に解説されているので、さしあたって負担を軽減したい
という方はぜひチェックしてみてください。

きっと参考になります。

ただ、住宅ローンの期間延長をすると、
期間分利息支払いが増加⇒総返済額増加

結果 老後費用に影響が出てくることも・・・
 
また、返済中に金利が上がったりするとさらに返済総額が上がることになるので、期間延長しながらも 子供さんが卒業など、負担が減るタイミングに合わせて繰り上げ返済などをして 最終的には 定年までには完済するように工夫しましょう

もちろん、お子さんにもアルバイトなどしてもらって 家計の負担を減らしましょうね。

サクラ咲く季節はすぐそこ。 ゆとりある家計で新しい門出をサポートしてあげましょう。



ライフプランニングとは、何かをあきらめることではなく、かなえたい夢や希望をかなえられるように、
よりよい人生のプランニングを考えることだと思っています。

なにかあれば、気軽にメール相談をご利用くださいね。

、メール相談は初回¥1,000 2回目以降¥3,000で承ります。

メールはこちらへ




ご相談はお気軽に

奨学金&教育ローンも視野にいれても・・・

こんにちは。
いきなりの大雪ですね。 我が家の柴わんをお散歩させていて、周りの景色が真っ白だったのが印象的です

さて、受験本番

受験生の親としては、頑張って欲しいという気持ちはもちろんですが、
「現実問題 もし受かったら資金どうしよう~」 
という方もいらっしゃることでしょう。

無理からぬこと。 アベノミクスと騒がれていても 我が家にはなんの恩恵もないし・・・

という人の方がおおいでしょうから。

実は、最近は奨学金を利用する学生はかなり多くなっているそうなのです。
長引く不況で家計にも余裕がないし、ということもあると思いますが、ある書籍を読んでもう少し奨学金や教育ローンをプラスに捉えてもいいのかも・・・と意識を変えました

大前提として、
奨学金は子供が返済していく借金
です

親としては、子供の学費は親の責任! それを子供に負担させるなんて・・・
という愛情からくる意識やプライドもあるかもしれないですが・・・

住宅ローンもあるし、もし子供に学費を負担するとローンを払っていけなくなる・・・
となれば、ここは家族で力を合わせて家計破綻を回避するほうが現実的です。

企業とかだったら、不渡りを出したら潰れますよね~
どこからも融資を受けられなくなるし・・・

住宅ローンを払えなくなる=不渡りを出す 
みたいな感覚かもしれません。

企業の設備投資のための融資≒子供の将来投資のための融資(あくまで例え話ですが)
と考えてみてもいいかなぁと思います。

今の就職状況を見てみると、奨学金の返済が必要なのに就職の内定が取れない
という過酷なケースもあります。

けれども、奨学金=自分の将来のための投資資金 と思えば、なんとなく上の学校に行ってなんとなくダラダラ生きて・・・という無自覚な学生生活は送らない かもしれませんよね?

FP的に見ても教育費は人生の三大支出の1つ。決して小さな負担ではありません。
親が生活費を切り詰めて学費をなんとか工面しているのに、子供がなんとなく目的なく努力もせずダラダラ過ごすなんて 仕方がないか~なんて笑って済ませられませんよね。

社会に出たら、厳しい条件の中で結果を出さなければならないことは山ほどあります。
奨学金を受けるという経験をすることで、1つの問題解決スキルが得られるかもしれませんね
奨学金という借金を背負うことで、むやみな浪費に走らないかもしれないし・・・

いずれにしても、教育費は待ったが効かないし、住宅ローンもスタートしたらきちんと払っていかなければいけません。 
二兎を追うもの一兎をも得ず
と言いますが、それは欲張ってはいけないという話。

マイホームも子供の教育も必要となったら、どうすれば資金面で問題クリアになるのか考えてみましょう。
そして、プロに相談するのも良い方法です。 

それから・・・ 高校に進学したら 出口戦略(将来どういう方向に進みそうか? どのぐらいの資金がひつようになりそうか?)を考え始めたほうがよいかもしれません。

こちらの書籍は 大学・大学院・専門学校などの進学を控える(希望する)保護者にぜひオススメします。
  子どもを大学に行かせるお金の話―年収200万でもあきらめない!
                                          

もしかしたら、突破口が見つかるかもしれません。 ぜひ読んでお子さんの夢や希望をサポートしてあげてください。

ライフプランニングとは、何かをあきらめることではなく、かなえたい夢や希望をかなえられるように、
よりよい人生のプランニングを考えることだと思っています。

なにかあれば、気軽にメール相談をご利用くださいね。

、メール相談は初回¥1,000 2回目以降¥3,000で承ります。
メール相談はこちらへ 

また、家計の中の無駄を省いて、その分を教育費に充てることも有効です。
大切なお子さんの将来、親もがんばってサポートしましょう。
ご相談はお気軽に

教育資金のこと 知って戦略的に備えよう♪

こんにちは。 いつも当ブログをご覧いただいてありがとうございます。

とても励みになります。 これからも 読者のみなさまのお役に立てるよう頑張ります

ところで、当ブログに検索から来ていただいている方の中には、住宅資金の情報を求めている方ももちろんですが、教育資金の情報を求めている方がとても多いですね。 


やはり、教育って大事ですし、できることなら子どもの夢をかなえたいと親は思うもの。

けれども、限りある資金のなかでどこまで教育につぎ込むべきか? つぎこめるか? はライフプラン上大きなテーマですよね。 


我が家も大学生2人ということで、いろいろ準備はしているものの、想定外の出費というものにも備えなければ・・・ ということで、いかに教育資金を考えるか? いかに準備するか? はやはり関心無限大です

そこで・・・

お知らせです♪

秋の金トレ☆子どもマネーイベントのテーマはずばり「教育資金

人生の中で住宅資金・老後資金とともに3大支出と言われる教育資金。
今の日本は 年金不安や介護不安、金利上昇や消費税アップと厳しい環境ですが、待ったが効かないのが教育資金・・・・

でも、知って備えれば ゴールがはっきりしているので、(というか必要な時が分かっているだけにわかりやすい)計画的に負担感なく準備ができるのも教育資金ですね。

この秋 子どもマネー総合研究会では次の3連休の最終日 10月14日に2部構成でイベントを行います

 秋の金トレ★子どもマネーイベント

第1部 我が家はいくらかかる? 教育資金をシミュレーションしてみよう!
第2部 「知って賢く備えればコワくない!教育資金の作り方」

どちらも、聞いてみたい内容ですよね
特にこれから受験シーズンに突入するわけですが、親としてはいったいいくら準備すれば??
と物理的負担を考えないわけにはいきません。

せっかくのチャンス
やみくもに不安がるよりも 知って 戦略的に備えましょう

~~イベント詳細はこちら~~

・これからお子さんをもうける予定、あるいは妊娠中、生まれたばかりで教育資金のことを知っておきたい方
・お子さんは幼稚園、小学校低学年でこれから教育資金がどれくらいかかるか知りたい方
・お子さんはいらっしゃらないけど、教育資金のことに興味がある方
・お孫さんの教育資金のことを知っておきたい方
(FPの方の参加も大歓迎です)
人数:20名様(定員になりしだい、申し込みは締め切らせていただきます)
開催日時:2013年10月14日(月)午後2:00~3:30(受付開始1:45)
参加費:3000円
講師:第一部 小川千尋(子育て・教育資金アドバイザー、FP)
第二部 大澤亜希子(子育て・教育資金アドバイザー、FP)
持ち物:えんぴつ、消しゴム、電卓
開催場所:文京シビックホール 5階B会議室
東京都文京区春日1-16-21  場所はこちら→http://bunkyocivichall.jp/access

参加申し込みはお早めに♪


★イベントに参加してくださった方には、教育資金をはじめとした暮らしのお金について、割引で相談できるクーポン券(チラシ)をプレゼントします。

●当日の模様をDVDに収録する予定です。あらかじめご了承くださいませ。




お申し込みはこちらへ
livedoor プロフィール
Amazonライブリンク
♪お知らせ掲示板♪
◆What's new◆


ライフプランニングオフィス 組曲「人生」公式ホームページ誕生♪

まだ誕生したばかり・・・
これから充実させていきます (*^^*)

◆メール相談◆

メール相談はこちらへ


七夕★。.::。.::・'゚☆。.::・'゚★。.::。.::・'゚ウィーク メール相談無料モニターキャンペーンを行うことにいたしました。

七夕★。.::。.::・'゚☆。.::・'゚★。.::。.::・'゚ウィークキャンペーンなので、
メール相談無料モニターは7名様、
無料モニター募集期間は7月7日まで

勇気を出して最初の1歩踏み出しましょう♪











記事検索
FX入門講座FX ブログ
住宅ローン シミュレーター
便利なパーツを発見しました。
よろしければ ご利用ください♪

住宅ローン シミュレーション


家づくりにお役立ち 小冊子無料でもらえます♪





家づくりに関する情報をメルマガで・・・♪


Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ