教育費を考える

教育ローンの金利・・・(--;)

こんにちは。

夏は受験生にとっても正念場ですが、保護者にとっても資金面である意味正念場ですよね。
そこで、特に教育費負担が大きくなる大学進学のお金について見ていきましょう。

実は、先日最寄りの銀行に行った時 受付整理券を取ってしばらく待っている間に
教育ローン 金利 4% という表示が目に入ってきました。

ひゃ~ 4%って・・・ というのが素直な感想です。

でも、先ほどネットで見てみると、やはり 年3.975%などというのがよくあるので、民間の教育ローンはそのぐらいなんだな~と認識してみてください。

住宅ローンは10年~35年ぐらいと長期にわたるので年利は変動金利で1%~2%ぐらいと考えると教育ローンは結構割高なのですね
一方国の教育貸付(当ブログの記事です。参考にどうぞ) の場合は年利2.25%( 母子家庭の場合は1.85%)です。

さて、いろいろ調べてみたら、教育ローンもいろいろあり、金利も1.5%前後から3.5%といろいろありそうです。

ただ、世の中想定外のことってよく起こります。
たとえば、地元か東京・大阪などの県外か? とか 国公立か私立か? 学部によっても費用はぴんきり・・・

我が家の2人の子供たちの経験から・・・ 子どもの望む進学先≠親が望む進学先ってことでしょうか? 
「よく三者面談で親子喧嘩をするご家庭がありますが、親子でよく話し合って 志望校をすり合わせておいてください」と中学でも高校でも言われた記憶があります(笑) 

我が家の長男の場合は、私立をもう1校受験しておいたら? という老婆心からの母の助言に対して、入試の傾向も違うし、受験拒否ということでちょっともめました ま、親としたら もし不合格だったら・・・とネガティヴな想像を膨らませてしまうので、そのあたりでトラぶったかな・・・とも思いますが(笑)

いずれにしても、考えておきたいのは、どの進学先に落ち着くかは分からないので、一番お金がかかりそうな志望先に決定したと想定して入学準備金を工面するということです。

そして、これから金利が上がったり消費税が上がったりする負担増に対抗するためにも、できるだけ借金のパーセンテージは少なくしておくのがよいと思います。 

国の教育貸付→大学等の奨学金→民間の教育ローン 

と金利が低い順番に考えていきましょう。

あと、国の教育貸付にしろ、奨学金、民間の教育ローンにしろ、融資実行までのタイムラグがあります。
早めの準備で お子さんの受験を全面バックアップしてあげましょう

ライフプランニングとは、何かをあきらめることではなく、かなえたい夢や希望をかなえられるように、
よりよい人生のプランニングを考えることだと思っています。

なにかあれば、気軽にメール相談をご利用くださいね。

、メール相談は初回¥1,000 2回目以降¥3,000で承ります。
メール相談はこちらへ

また、家計の中の無駄を省いて、その分を教育費に充てることも有効です。
大切なお子さんの将来、親もがんばってサポートしましょう。
ご相談はお気軽に

子どもの教育費を考える時・・・ それは今でしょ?

こんにちは。
毎日これでもか~~というほど暑いですね~。


今日、100均に洗濯のくず取りボールを買いに行ったら、
「熱中症大丈夫ですか? 水分補給してますか?」
と店内アナウンスで流れていました。 
まるで、ちょっと前に流行った「〇〇〇してますか?」のCMみたいでした

最近のお店や電車内のアナウンスってとても親切。
おととい、私の仕事であるフランチャイズ英語教室の研修に行く途中も、
「7月21日が選挙です」と教えてくれるし、今日も100均で熱中症の心配してくれるし、
アナウンスも機械的→ハートが伝わるように進化しているんですね~

さて、こんどは私が心配をする番ですが・・・
子どもの教育費は待ったが効かない
これは事実ですね。 15歳で高校進学or就職 18歳で大学進学or専門学校or就職or留学
人によって、もう1年トライする場合もありますが、おおむね18~20歳ぐらいの間には
大きな教育資金が動くわけです。

もうカウントダウン入っている親御さんは、すでに教育資金を用意している、
もしくは、どう工面しようか算段中(算段・・・って古い言葉)だと思いますが、
無理をし過ぎてしまうと、続かなくなってしまうので、無理のない範囲で、
初年度分の100万円前後は用意できるようにしましょう。
2年目からが違います 

1年目カツカツだと、それが大学在学中ず~っと引きずってしまう恐れがあるので・・・
それに、その時期はちょうど住宅ローンもまっただ中という人も多いはず。
ここに金利が上がったらちょっとアップアップになってしまうので、
できれば1年目の100万~200万ぐらいを
計画的に用意して安心しましょう。

医歯薬系の大学を目指しているお子さんの場合は、必要教育資金Topとなると思うので
ちょっと心して貯めないと・・・

ただ・・・

子どもは「おぎゃ~」と生まれていきなり18歳になるわけではないので、
時間的猶予はある程度ありますね

ですから、教育資金という名目で少しずつ貯めていくことも可能です。
(ただ、日本のこの低金利、資金が2倍に増えるまでにどのぐらい時間がかかるかというと・・・
72の法則なる公式 72÷金利=2倍になるまでに必要な時間

72÷0.01(0.01%だとして)=7200年かかることになってしまいます
生きてないし・・・ 子どもも生きてないし・・・ということになってしまいますね。

ですから、そのあたりは少しリスクを取って投資を少しずつ始めるというのもアリかもしれません。

金利をあてにできなくとも、
17年間毎月積み立てをして100万円を作る場合、
17年×12ヶ月=204か月
100万円÷204ヶ月=4,901.9円(≒4,902円)ずつ貯めれば大丈夫なんです。

200万円÷204ヶ月=9803.9円 ずつ積み立てれば達成です。

これならば、お子さん2人分200万円分をダブルで貯めても、月2万円ぐらい。
 (双子ちゃんは同時進行ですから・・・)
ムリムリがんばって達成できない金額ではないですよね。

後がなくなって来てから慌てると、さすがに1ヶ月の負担が重いですが、生れたらすぐ積立開始で
なんとかなる気がしませんか? 

お稽古ごとも本当にやりたいモノを1つ、2つにする
塾もやみくもに依存しない
公立小中に通う

など計画的にお金を使うように考えれば教育費がかかってくる高校・大学進学までに時間という味方が
できるので、是非少しずつでも、少しでも早くから積立スタートしましょう。

昔から言うではないですか。
「備えあれば憂いなし」って。
この言葉、昔の自分に聞かせたい・・・  と自戒も込めて

教育費を考える時、今でしょ と締めさせていただきます

こちら月々5000円から積立Okな投信です。 
一度設定してしまうと、知らない間にお金がガンバって働いてくれます。



こちらの保険市場、学資保険等も取り扱っています。
貯められないなら、強制的に用意する というテもあります。



こちら、学資保険のチェックを受けてみては? 
話を聞くだけならタダだし・・・ 同じFPとして
まずどのぐらい必要で、どんな商品があるのか? という現状把握は是非してもらいたいです。


保険面談でギフト券GET
保険ランドリー


ライフプランニングとは、何かをあきらめることではなく、かなえたい夢や希望をかなえられるように、
よりよい人生のプランニングを考えることだと思っています。
なにかあれば、気軽にメール相談をご利用くださいね。

メール相談は初回¥1,000 2回目以降¥3,000で承ります。
 メール相談はこちらへ

 
ではまた。 よりよい人生を奏でられますように 

 

 



 

国の教育ローンにずーむいん(*'-'*) 融資条件編

今年度大学・大学院・専門学校などに進学した場合は、もう入学金、前期授業料などは納入済みだったりすると思いますが・・・

来年度もしくは近い将来、お子さんの進学が控えている、または、いざというときのために制度を知っておきたい
という知識の備えとしてご活用ください♫

ライフプランニングオフィス代表としては、やはり家計の負担は少ないに越したことはないと思っています
子供の進学時期と人生のその他のライフイベントとかぶることが少なくないので、(我が家も・・・) 住宅ローン、教育ローンその他ローンはできるだけ少なくをモットーに考えてみましょう。

教育ローンとして考えると、やはり公的ローンは負担が少なく有利です。
では、教育一般貸付(国の教育ローン)にずーむいんです

まずどんな人が借りられるのか? 条件をチェック
【国の教育ローン 融資要件

国の教育ローン融資条件















例えば、サラリーマンのご主人で、お子さん2人の場合は世帯年収が890万円以内であれば融資を受けられるということになります。
ただ、この金額ないでないと絶対ダメかといえば、ちゃんと特別な事情も考慮する特例要件があります
国の教育ローン特例要件






















つまり、家計負担が多い場合は考慮するよ♫という事です。

ただし、融資を受けるということは、返済が必要になるということなので、
さらに家計を圧迫しないように注意が必要です。

特に返済負担率 これは、要チェックです。 
返済負担率=借金度です
家計収入のうちでどれほど借金の返済に回さなければいけないか? という割合が返済負担率です。

たとえば、月収(手取り)30万円の人が返済負担率30%だと、月9万円が借金返済ということになります。
のこり21万円のうち、例えばアパート代10万円、水道光熱費2万円としてみた場合、
30万円-9万円-10万円-2万円=9万円。

実質9万円で食費、生活雑費、医療費、その他教育費などをやりくりしなければいけません。
結構負担大だと思うんですよね~。

ただ、進学費用は待ったが効かないので、一時的に融資を受けるとしても、できるだけ家計の中の返済負担率は下げるように生活改善が必要・・・かもしれません。

【国の教育ローン 対象となる学校
国の教育ローン概要融資対象学校












留学の場合は短期留学ではなく、6ヶ月以上を指します。
その他の場合も中学卒業以上、6ヶ月以上の修業年限の学校です。

融資の使い道は以下の表のとおりです。
うち、入学資金(たとえば前期納入金など含む)の場合は入学月の翌月までの融資です。
国の教育ローン用途







【国の教育ローン 融資機関・融資額・期間など

返済期間は、15年以内(交通遺児家庭や母子家庭は18年以内)に大学在学期間も含むので
注意しましょう。
返済期間 ≠ 在学中元金据置4年として、卒業後15年間 つまり19年
返済期間 = 在学中4年を含み TOTAL 15年です
国の教育ローン返済期間












返済の仕方もいろいろありますが、続きはまた・・・

ここまでお読みいただき、お疲れ様でした

教育一般貸付 詳細はこちら 

住宅ローン同様、まとまった額が必要なだけに、教育費についても悩みは多いですよね。
近い人には逆に聞きづらい・・・ でもどうしたらよりよい選択になるのかわからない・・・
そんな時ご利用ください。

メール相談は初回¥1,000 2回目以降¥3,000で承ります。
メール相談はこちらへ

待ったは効かない大学資金・・・ !いくら用意すれば??

こんにちは。 
GWも過ぎて日常が戻ってきましたね。

私の教室の小学生たちは5年生で行くことが多いキャンプに出掛けるようです。
ある程度自立してきた子どもたちが親元を離れはじめて2泊3日のプチ旅行。
期待とちょっとの不安でドキドキしている姿はとてもかわいらしいなぁ~と思います。

この時期は、中学受験などをしなければ資金的にはラクです

小学・中学は義務教育なので、ALL 公立ならば、給食費、諸費用の負担だけですね。

さて、次の高校進学。
ここで、最初の分岐点に行きあたるんですね。
公立に進学する場合は、授業料は無償ですね。(民主党政権になってからの制度なのでいつまで持つかは?ですが・・・ PTA会費、設備費、その他の費用ぐらいです。 
家計的にはとても負担が少なくありがたいです。
入学時は、だいたい10万円前後。制服代&教科書代&電子辞書など・・・ですね。 

そして・・・大学資金。
今の制度だと、前期・中期・後期試験と3回チャンスがあるので、それぞれどこで合格するかで入学金払込の締切が変わります。

ただし・・・


入学金払込期日に入学金が用意できなければ、当然ながら入学資格を失います
ま、これはルールですので、仕方がないですね。

だから・・・
入学金の手当ては少なくとも前期の払込締切までには余裕を持って用意していなければいけません。

大学費用初年度納付金のめやす2013






















Benesseマナビジョン より

このデータによれば、まず、入学金は医歯薬系を除くと、だいたい30万~40万円。
これをなんとしても入学金払込期限までに払い込めるように用意してください。
一番入学金が高い40万を目安にすると、33,333円/月を1年間貯めると
何とかなると思います。もしくは、親・兄弟・親戚から借入などをして手当をしておきましょう。

せっかく子どもが頑張ったのに、資金不足で入学が取り消されたら泣くに泣けませんから・・・

一番早い前期納付金期日は 2月中旬ぐらいだと思います。
これはしっかり確認して、確実に納付できるようにしておきましょう。

が・・・

30万~40万あればOKかというと 残念ながらダメ~なんです。

入学金を払い込んでやれやれ・・・と思っていると、すぐに前期授業料の払込時期がやってきます

入学初年度当初の学費概算2013


















この概算では、年間授業料、年間施設設備費を単純に1/2してあります。
大学によって、差があるかもしれないので、確認をお願いしたいですが、
おおよそ入学前に
(前期授業料 + 入学料 + 施設設備費)の合計を用意できていれば
安心して大学に通う子供の姿を笑顔で見送れます

と言っても、ちょっとまとまった金額なので、いきなり言われても~な場合は
早めに準備をはじめてしっかり確保しましょう。

学資保険や教育ローンを利用しようと思っている方の場合は、
手続に時間がかかったり、ぶっちゃけ審査でアウトということも考えられるので、
3 2学期ごろには準備に取り掛かっておいた方がベターです。

もし、おじいちゃま、おばあちゃまが資産家の方の場合は、
平成25年税制改正で話題になった

直系尊属から教育資金の一括贈与を受けた場合の贈与税の非課税制度」

を利用して、1500万円まで資金提供をお願いしてみてはいかがでしょうか?

教育は子どもへの大切な投資です。余裕があって教育資金として贈与を受けられれば奨学金などで就職後返済に追われることもなく、親世代の大切な老後資金が目減りすることなくよい方法かもしれません。

祖父母にとっても、亡くなった後に相続財産として残された場合、資産があればある程相続税負担は大きくなるのでよい選択かも・・・

ま、ただ教育費に限らず、家計に余裕を持たせておかないと後が苦しくなるのは間違いないので子どもをお持ちの保護者さん、がんばりましょう


メール相談は初回¥1,000 2回目以降¥3,000で承ります。
メール相談はこちらへ


待ったなしの教育資金・・・どうする?

こんにちは。ライフプランニングオフィスの近藤です。
寒いですが、お天気はよいですね。

昨今の日本を取り巻く経済状況は、一般家計にも大きな影響を及ぼしていますよね。
ボーナスも目減りしたり、ボーナス支給がない・・・ということもよく聞きます。

昨日の続きの教育費ですが、大学受験生を持つ保護者さんは、合格後から大きな出費が
待っています。

準備万端! という方はよいのですが、「どうしよう 教育費・・」と焦る方も当然いらっしゃると思います。

我が家もその例外ではありません。
念願かなってマイホームを入手したのは、2年前。
今住宅ローン支払いまっただ中です。

住宅ローンと教育費がダブルパ~ンチで襲ってくる感がありますよね。

我が家には、現在大学2年生の長男と高校3年生(まさしく受験生)の二男がいます。
ボーナスは、住宅ローン返済に一部充て、長男の次年度前期学費に一部充て、と
結構大きな金額が一挙に消える感じです。そして、残りは二男の大学受験&入学金に消えます。

まさしく待ったなし
先ほど我が家の資産表をチェックしてみました。
いろいろ分散している定期や投資信託、その他を合わせるとなんとかセーフの気配。
積み立てておいてよかった~とつくづく実感しています。

私は勉強も兼ねてしばらく前から積立型の投資信託を少しずつ取り入れています。
ポイントは少額先取り積立
プロフィールをご覧になるとわかると思いますが、私は決して優秀な主婦でなく、家計管理も
かつては落第生だったので、最初から着実に堅実に家計運営をしてきた方には遠く及びません。

けれど、ざるのように穴のあいた家計を自力再生できた!!! という実体験を持っているので、
「お金がないからもうダメ!」とあきらめたりしません。

常に現状でベストな方法を探してトライの連続です。

◆教育費に限らず 積立の一番よい方法は・・・
給与口座からの天引き先取り貯金です
まず一番にお給料日に引き落とされるようにセットしておきましょう。
最初からないものとして考えられるので、自動強制的に貯まっていきます。
お子さんの進学まで時間のある方は、是非このシステムでコツコツ貯めましょう。

◆親をあてにできる方は、親御さんに、一時的に立て替えていただいて、後々返済していくというテもあります。
ただし、親世代は現役の方を除き収入が途絶える方が多いので、甘えずしっかり返済することをオススメします。

◆最後に頼れる親類もいない、学費も用意できそうにない という場合
●奨学金を考えてみましょう。

このご時世なので、各大学、昔に比べて奨学金制度は充実していると思います。
しかも、大学在学中は支払い猶予されるケースが多いです。 
1つ確認しておくべきポイントがあります。 それは奨学金は子供が借りるものだということ。

学費が無いからあきらめるではなく、本当に学びたいから学費を借りる

のであれば、子供はより一生懸命学ぶのではないでしょうか? 一昔前と違い、大学へ行けば就職できる時代では決してないことも子供は知っているはずです。 また 当然学費は親が出す という意識も昨今の経済状態を見ていれば薄れているのではないでしょうか? 

大学進学を無駄な投資にしないためにも、一考の価値はあると思います。

志望大学に奨学金制度がないか、大学サイトなどで確認してみましょう。その際申し込み期日の確認もお忘れなく・・・

日本学生支援機構をはじめ、各自治体、学校、企業、財団その他でも奨学金を設けている機関があります。
こちらも利用できるか確認してみましょう。

親の世帯収入その他の条件も確認してください。

給付型奨学金もあります。 これは返済しなくてもよい奨学金ですが、当然利用にあたってはハードルが高いです。つまり優秀な生徒・学生でないと難しいということ。

無利子貸与型は、元本のみ返済するパターンです。学生ということで利子分免除というシステムです。
一般のローンに比べてはるかに有利です。が、こちらも親の収入要件、成績要件などあります。
確認を・・・

有利子貸与型は、年率3%を上限とし、在学中は無利子です。無利子貸与型より基準は緩やかです。

なにしろ、どうしようと悩んでいても何も解決しないので、まずいろいろ確認してみましょう。
この時期になると、手続期限があることも多いので、手続に必要な書類の準備等早めの確認が必要です。

●そして、最後に民間の力を借りましょう。
教育ローンと一般的に言われる商品を準備している金融機関は多いです。
一般のローンと比べても、多少は金利優遇されるようです。

奨学金との大きな違いは・・・

教育ローンは親が負担する借金だということです。

子供が大学進学・・・ですと、親世代は40代後半~50代ぐらいでしょうか?
これからの時代
公的年金も徐々に目減りしていくことは避けられない&給与や退職金も確実!とは言えませんよね?
自分の老後は自分で責任を持つ必要が出てきている現状で、ローン返済に頼るのは不安が残ります。

最後の手段として考えておきましょう。

国の教育ローンと民間の教育ローンがあります。

国の教育ローンは最高300万円、最長10年(返済期間)
金利=年2.45%(平成24年12月12日現在)
日本政策金融公庫 (教育一般貸付)国の教育ローン  を参照してください。


民間の教育ローンには無担保ローンと有担保ローンとがあり、有担保ローンの方が金利は安めです。(担保という保証がある分)
銀行などでは、入学シーズンになると金利優遇キャンペーンなどがあることもあり、親子リレー返済が利用できることもあるようです。各金融機関で確認してみましょう。





こんな場合どうすれば? という時、お気軽にご相談ください。 
大切なお子様の将来がかかわることです。 
特にピンポイントの子供がいるので、親身にご相談に応じます。

私は、最初に相談するハードルをできるだけ低くして、
相談していただきやすいようにしたいと考えております。

そこで、メール相談は初回¥1,000 2回目以降¥3,000で承ります。
お気軽にご相談ください。

メールのご相談はこちらをクリックしてください。


メール相談はこちらへ
livedoor プロフィール
Amazonライブリンク
♪お知らせ掲示板♪
◆What's new◆


ライフプランニングオフィス 組曲「人生」公式ホームページ誕生♪

まだ誕生したばかり・・・
これから充実させていきます (*^^*)

◆メール相談◆

メール相談はこちらへ


七夕★。.::。.::・'゚☆。.::・'゚★。.::。.::・'゚ウィーク メール相談無料モニターキャンペーンを行うことにいたしました。

七夕★。.::。.::・'゚☆。.::・'゚★。.::。.::・'゚ウィークキャンペーンなので、
メール相談無料モニターは7名様、
無料モニター募集期間は7月7日まで

勇気を出して最初の1歩踏み出しましょう♪











記事検索
FX入門講座FX ブログ
住宅ローン シミュレーター
便利なパーツを発見しました。
よろしければ ご利用ください♪

住宅ローン シミュレーション


家づくりにお役立ち 小冊子無料でもらえます♪





家づくりに関する情報をメルマガで・・・♪


Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ