住宅ローンを知ろう

マンション購入時諸費用はローンでもよいのか

物件購入の際に諸費用ってかかりますよね。

たいていの場合、物件価格の7%~8%あたりというのがよく見るケースですが・・・

たとえば2,000万円の物件なら7%で140万円、8%で160万円あたりになるかと思います。
ただ、
・火災保険
・地震保険
・保証料(これ、意外と高いです。毎月の金利にオンする方法もありますが・・・)
・不動産取得税
・不動産仲介手数料
・売買契約書、金銭消費貸借契約書の印紙税(万円単位です
・融資手数料

などなど結局TOTALで物件の2割強は用意したほうがあとあと安心です。

諸費用分もローンで組めるかというと、諸費用ローンという商品もあるようなので、組めなくはないと思います。
こちらも固定金利・変動金利両方選べるようです。

ただ・・・
改めて
・融資手数料
・保証料
・印紙税などなどかかりそうですね。

ローン返済期間も長くなるし、ローン返済総額も多くなっちゃいますよね。 
悩ましいところですが、

おススメは
諸費用分は自己資金で準備する
でしょうか?

これから先インフレ懸念もあるので、ローン総額が多ければ多いほど負担も大きくなります。
変動金利で元利均等という場合、急に金利が上がることも想定しておかなければいけません。

金利が急に上がった場合、
1.25ルールというのがあって、いきなり返済額が大幅に増えることがないように考慮はされています。

1.25ルールって?

1.25ルールとは変動金利型のローンの場合、5年ごとに金利の見直しがあるのですが、金利上昇によって返済額が大きく上昇しても返済額は現行の返済額の最大1.25倍までになるという制度です。

これは、急激な金利上昇で、ローンを払えなくなることを防ぐ目的なのですが・・・
一方で、1.25倍に据え置かれても、最終的にはローンを変動した金利で完済しなければいけないので、もし金利が2%アップしたとしたら、0.75%分については支払ができていないので、その差額にも利息が乗っかってさらに総返済額が増えてしまうというリスクもあるんです。

最終的にはたとえば35年ローンならば35年目の最終返済の際に全額完済できないといけないので段階的に金利がアップしてしまった場合はかなり厳しいことになってしまいます。

そういった理由で、できるならば諸費用はローンではなく自己資金で工面できるようにするとよいかな?と思いますが、どうでしょうか?

ぜひ、ゆとりある住宅計画で将来も明るい家計を築かれますように。

ライフプランニングとは、何かをあきらめることではなく、かなえたい夢や希望をかなえられるように、
よりよい人生のプランニングを考えることだと思っています。
お気軽にメール相談をご利用くださいね。

、メール相談は初回¥1,000 2回目以降¥3,000で承ります。

メールはこちらへ




ご相談はお気軽に



家のローンが払えなくなったら・・・

残念なことですが、今日のように世界規模で目まぐるしく動く時代、 
 
お勤めの会社が倒産
 とか
リストラに遭う
とか
収入減
とかは別に珍しくもない時代になりました。

最近は介護用ロボットなどロボットが優秀になってきて、国をあげてロボット関連事業を応援しようという動きもあるみたいで・・・ 

ひょっとするとコンピュータの存在が便利さと引き換えに人の仕事を奪ったのと同じく ロボットが人間の働く場を奪うなんてこともあるかもしれません。

あるいは、ご自分または家族の誰かが病気になって収入が途絶えてしまったり、または大きく目減りしてしまい住宅ローンを払えなくなってしまうということも想定内においておかなければいけませんよね。

さて、ポイントはここからです。

ローンが払えなくなってしまった・・・ の前に ローンが払えなくなりそう という時点で金融機関に相談してみることがまず絶対必要です。

このアクションについては何度か当ブログでもお話していますが、
延滞する前に相談することで、講じることができる対策があるんです。

例えば、
しばらくの間は利息だけを払うことにする
ローンの支払い期間を延長する

などなど・・・

けれども放置して延滞を1度でもしてしまうと 個人信用情報に登録されてしまい、5年間はその記録は消えることがなく、その間はローンを組んだりクレジットカードを作ることができないなど 将来にわたってトラブルを生んでしまいます。

さらに 住宅ローンの一括返済を求められたり家屋を差し押さえられたりなど 日常生活を送ることすら難しくなることも・・・

住宅ローンを組んでいる金融機関にまず相談して ローン負担を軽くした上で 再就職するなり、世帯の収入を上げるなり 何らかの形で家計を立て直すことはできるでしょう。

自分一人だけならば 延滞して逃げても自分に返ってくるだけですが、家族がいるならば、ダメージを最小にする努力を諦めてはいけないと思います。

お家を買う際に 十分なゆとりある返済計画を立てることはとても大切だと思いますが、不測の事態は起きてしまうもの。

その時にどう対応するかでその先の人生は大きく変わってきます。
まずできることから始めましょう


ライフプランニングとは、何かをあきらめることではなく、かなえたい夢や希望をかなえられるように、 よりよい人生のプランニングを考えることだと思っています。 なにかあれば、気軽にメール相談をご利用くださいね。
メール相談は初回¥1,000 2回目以降¥3,000で承ります。

なぜメールにこだわるかといえば・・・ 
メール相談だと対面での相談よりも 敷居が低い気がするからです。

まず相談してみたほうがいいけれど、相談内容が重くて 見ず知らずのFPとか専門家に相談するのも勇気がいる・・・なんてことありますよね?

でも、メールだと相手の表情や仕草に萎縮したり、話したいけれど話しそびれてしまったり ということがなく自分の思うことを伝えることができると思うのです。

最近収入減でローンが払えない とか 教育ローンとダブルで借りることはできるか とか というお悩みを抱える方が多くなっている印象があります。

消費税も上がり、平成27年1月1日以降は相続税の控除額も減らされることが決まっています。
つまり増税ってことですね。

生活がより豊かになればいいけれど、増税で生活は窮屈になる、将来は不安なまま 
ではしんどいですよね・・・

そこで、今回相談する事へのハードルを極限まで下げて 
これからの人生をよりよくするきっかけとしていただくために
七夕★。.::。.::・'゚☆。.::・'゚★。.::。.::・'゚ウィーク メール相談無料モニターキャンペーンを行うことにいたしました。

七夕★。.::。.::・'゚☆。.::・'゚★。.::。.::・'゚ウィークキャンペーンなので、
メール相談無料モニターは7名様
無料モニター募集期間は7月7日まで
とします。

せっかくのチャンスです。
いままで相談しようかなあ でも こんなこと相談しても・・・
という方 この機会に勇気を出して相談してみてください♪




メールはこちらへ

住宅購入の前に・・・知識武装しましょ♪

始まってしまいましたね。消費税8%・・・
お買い物に行くたび、
525円 じゃなかった・・・540円 みたく消費税を頭で計算し直すことしばし・・・(笑)

一般消費者としては、
「あ、あれ、3月中に買っておけば・・・」なんて小さいことを後悔したりしています。
人間がちいさいですね~・・・

が・・・

住宅となると ケタがウン千万円となるので、買ってみてから、
「しまった~
となるのは出来るだけ避けたいですよね。

私近藤は、CMPの課題に取り組んでいます。

CMP 何それ? ですよね。

正式名称はCertified Morgage Planner(サーティファイド モーゲージ プランナー)
住宅ローンを専門に扱う住宅ローンアドバイザーの上級資格です。

CMPの試験には合格したのですが、課題提出があって 目下その課題作成に追われています。

FP(ファイナンシャルプランナー)の資格取得でも、提案書の作成課題というものがありましたが
CMPにも提案書の課題があります。

その提案書の課題に取り組む中で、住宅ローンという商品を穴のあくほど(笑)見つめて思うのは・・・

住宅ローンを甘く見てはいけないということです。

大企業に勤めていたり、公務員だったり、年収が高かったり・・・
という具合に住宅ローンで審査に有利な属性の人は、融資額も大きくなります。

つまりたくさん借りられるということ。
そうなると、
「一生に一度あるかないかの大きな買い物だから、立派なおうちにしよう
「もう少し広めの物件でもOKかも・・・」
と、どんどん夢が広がっていきますよね

でも、おうちにお金をかけすぎてしまうと・・・

教育費や老後費用にしわ寄せが・・

こんなご時世だからこそ、余裕のある資金計画が必要なんですよね。
住宅展示場に行く前に 知識武装しておきましょう♪

聞きたいけど、営業攻勢をかけられるのはちょっと避けたい・・・
こんなこと聞いて恥ずかしいかな?
そもそもどこのハウスメーカーがいいのか、工務店がいいのかわからない
住宅ローンもパック旅行みたいにセットされていて、選ぶもなにも・・・

なんてことありますよね。
よくわからないから言うなり・・・

だと困るので

匿名で信頼できるプロに質問できたりするサイトがあったら便利かも・・・
ついでに家づくりにお役立ちの小冊子もゲットしましょう。


ダメ 絶対 住宅ローンの延滞放置!

ダメ 絶対!!なんて言うと 白い粉をイメージしてしまいますが・・・
人生を狂わせるローン延滞もダメです。

住宅ローンはそもそも
多額の資金を一度に用意するのがムズカシイ 
一挙に資金を放出してしまうといざという時の備えがなくなってしまう
購入資金が貯まるまで住宅購入を待てない(機会損失になる) 
などの理由で 融資を受けて住宅を購入するための資金調達手段です。

子供の頃、親から「約束は守らないといけない」と言われましたよね?

住宅ローンは 銀行などの金融機関と融資を受けて住宅を購入する人の間で
「毎月一定額ずつ約束通り返済して融資額を期限内に完済する」
という契約で成り立っています。

だから住宅ローンを組んだ以上 
住宅を購入した人(債務者=返済の義務を負った人)は 約束通り返済しなければいけません。

けれども・・・
このご時世ですから、勤めている会社が倒産したり リストラされたり、リストラされないまでも減給されたり・・・
どうしても会社に務めることができない事情で退職・転職したり・・・

と収入が途絶えたり 家計の収支が大きく悪化したりすることはありうることですよね。

それから
家族が病気になった
教育費が家計を圧迫している
親の介護がひつようになった 
など突発的に大きな出費があった

などやはり家計の収支が大きく悪化することも・・・

そんな時どうするか??

住宅ローンを組んでいる金融機関にすぐ相談 

が正解です 

金融機関だって、みすみす家計を破綻させて不良債権(貸出した資金を回収できないケースをいいます。 債権とは貸した相手から返済を受ける権利です)にしても仕方がないわけで・・・

それよりも 期間を延長する、返済額を減額する など家計が破綻しないように対策を提案してくれるはずです。

それにこんな時代、いろいろ事情があることも重々ご承知のことでしょう。
金融機関の担当者も同じ人間ですから、率直に事情を話して相談するべきです。

どのぐらい返済を待ってくれるか?

それは相談してみないとわかりません。
返済期間、返済額その他の条件はケースごとに違うからです。

でも、返済を待ってくれるかどうかわからないからスルーするのは最も避けるべき愚策以外のなにものでもありません。

信用を失い、打てるテも打てなくなります。
最悪 一括返済を求められる & 二度とその銀行からは融資を受けられなくなります。

そうなったらモトもコもありませんよね。

融資を受けるのはなにも、ご本人が住宅購入をする時だけではなく、
・子供の教育資金融資を受ける
・独立起業するときに融資を受ける
・不動産投資で融資を受ける
・老後資金の融資を受ける
リバースモーゲージ(=所有している不動産を担保に融資を受け死後はその不動産を手放す)を受ける

など金融機関とのお付き合いって意外とあったりするんですね。

でも、延滞が続くと・・・
もちろんレッドカードです。信用事故を引き起こした人に再度融資をすることはないそうです。

だから 住宅ローンはじめ、借りたら返す 約束は守る を徹底してくださいね。
困ったことがあったら 金融機関にまず相談
 
ですよ。 返す意思があって、なんとか返そうと努力している人を金融機関だって見捨てないはずです。
おそらく・・・ですが・・・

そして、プロの手を借りて、負担を減らす 収入を増やすなど対策を講じてみましょう。
こちらの相談も早めに行うのがポイントです。

傷も軽いうちなら対処のしようもあるからです。

にっちもさっちも行かなくなってから相談しても打てる手がかなり限られてしまうかもしれません。
早期発見 早期治療 は 家計の病気にも当てはまりそうですね。

  ライフプランニングとは、何かをあきらめることではなく、かなえたい夢や希望をかなえられるように、
よりよい人生のプランニングを考えることだと思っています。

なにかあれば、気軽にメール相談をご利用くださいね。

、メール相談は初回¥1,000 2回目以降¥3,000で承ります。

メールはこちらへ




ご相談はお気軽に







収入減となった時 住宅ローンどうする?

こんにちは。 毎日暑いですね。
昨日テレビを見ていたら、熱中症危険マークがほぼ西日本全域に出ていました

昼間に車に乗るだけでも暑いし 水分取らなきゃ・・・という気分になります。


ところで・・・
アベノミクス効果で少し経済上向き と思っても、それはある一部だったりしますよね。
こうした時代なので、コストカットということで、固定支出である給料を据え置きor減給しようとする企業も少なくないと思います。

さて、収入減となった時、住宅ローンをどうするか? 
について考えてみたいと思います。

1)先々の負担を考えてお金をかき集めて繰上げ返済 というのが一つ。

2)住宅ローンは当面そのままで、払い続けながら 他の支出を削減or収入増を目指す というのがひとつ。


1)の方法だと、確かに先々の支払額を減額できるメリットがあります。
特に利息分は早いうちに繰上げ返済をすることによって、支払い額カットのメリットはあります。

しかし・・・ 住宅ローンはこれからも払い続ける必要がありますね。(完済ならば別です
さらに、学費の負担が増えたり、介護負担が増えたりした時に、手持ちの現金がないと、かなり厳しいことになります  

2)の方法だと、現金を手元に置いておけるので、コントロール可能です。
たとえば、学費負担が大きくなった時はそのまま住宅ローンを払い続ける。 そして学費負担が無くなった時(=子どもが就職した時 または自立した時)に今まで学費負担をしていた分をまとめて繰上げ返済する

介護負担が増えた時は、現状維持→なんらかの形で負担が軽くなった場合は繰上げ返済

など、無理に手持ちの現金をすべて充てて繰上げ返済することがベストではないです。

これは、私が住宅ローンコンサルタントの講座を受講した時に講師の先生が教えてくださったことなのですが、
無理せず、常に自分でコントロールできる状態にしておくことが大事なんですね。

たとえば、我が家では大学生二人いますが、今後も学費が年間100万以上かかるわけです。 
そうした時に、無理に貯金をおろして繰上げ返済をすれば、危急の時(いざという時 工面するお金がないことになってしまいます) 
親世代の葬儀もその一つ。 葬儀が終わって何日か後には葬儀費用を支払わなければいけません。
その際、親の預金口座は凍結されるので、親の預金はあてにできません

無理に現金をすべて繰上げ返済に充てていた場合、お金がない 状態に陥ってしまいます。

変動金利の元利均等返済の場合、金融機関にもりますが、わりと小さな金額でも手数料ゼロで返済できることがあるので、小さな金額 たとえば1万円ずつ余裕がある時に繰上げ返済するだけでも多少違ってきます。

頭金は入れ過ぎず、長期で組んで、繰上返済はタイミングよく、かつ返済額軽減型がいいんですね!

これは、先ほど言及した住宅ローンコンサルタントの講師でいらっしゃる FPバンクの久保田正広先生のコメントです。

ぜひ参考になさって、無理なく ゆとりある家計を目指してください。







ライフプランニングとは、何かをあきらめることではなく、かなえたい夢や希望をかなえられるように、
よりよい人生のプランニングを考えることだと思っています。
なにかあれば、気軽にメール相談をご利用くださいね。

メール相談は初回¥1,000 2回目以降¥3,000で承ります。
 メール相談はこちらへ

 
ではまた。 よりよい人生を奏でられますように 

 



livedoor プロフィール
Amazonライブリンク
♪お知らせ掲示板♪
◆What's new◆


ライフプランニングオフィス 組曲「人生」公式ホームページ誕生♪

まだ誕生したばかり・・・
これから充実させていきます (*^^*)

◆メール相談◆

メール相談はこちらへ


七夕★。.::。.::・'゚☆。.::・'゚★。.::。.::・'゚ウィーク メール相談無料モニターキャンペーンを行うことにいたしました。

七夕★。.::。.::・'゚☆。.::・'゚★。.::。.::・'゚ウィークキャンペーンなので、
メール相談無料モニターは7名様、
無料モニター募集期間は7月7日まで

勇気を出して最初の1歩踏み出しましょう♪











記事検索
FX入門講座FX ブログ
住宅ローン シミュレーター
便利なパーツを発見しました。
よろしければ ご利用ください♪

住宅ローン シミュレーション


家づくりにお役立ち 小冊子無料でもらえます♪





家づくりに関する情報をメルマガで・・・♪


Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ